初心者が行う株の売買単位は、どの程度が理想ですか?

新着記事

初心者が行う株の売買単位は、どの程度が理想ですか?

株取引は初心者であってもベテランでも、値動きが読みにくいグローバル経済の中にあります。

そのことをキモに命じつつ取引をしましょうポイントををお話しします。

●国産株にこだわることに意味はない。

株式投資は昔と違って安定銘柄とか安定株というものがなくなっています。

それは何故かというと、企業の経営がグローバル化しているからです。

企業の資本も複雑化し、多数の国の資金が流入することで多国籍企業となっています。

政治経済の世界で、「自国優先の政策」を叫ぶ専門家がいますが、今の時代ではそのような偏った見方や政策をとっても自国に有利とは限りません。

巡り巡って自分の国にも不利益をこうむるからです。

●初心者のうちは少額投資の3万円から。

株式投資も同じです。

国産企業でも安心できません。

初心者の株投資家は国産の会社にこだわる傾向がありますが、国産であることに意味はありません。

どうしてもというなら、その会社の資本系列・資本割合を調べましょう。

グローバル経済は先行きを読み切るのがむずかしいことでもあるので、初心者が心得るべきは少額投資です。

最高でも10万円、それより低い5万円とか3万円程度の投資を多数の銘柄で行って、株の行方、株価の上下動をみましょう。

また、トレダビという株投資ゲームなら実際の金銭を使用せずに行うことが出来ますので、知識などがある程度身につくまでシミュレーションを繰り返し腕を磨くというのもオススメです。

ただしどれだけ腕を磨いても100%失敗しないということは難しいという事もお伝えしておきます。

●株式投資の初心者が行う株の売買単位は10万円が上限です。

自信のある人でも、それ以上の一括投資は危険です。

株式投資に長年のキャリアがあるプロのディーラーでさえ、一点買いなどの偏った投資はしません。

それができるのは企業に不祥事があったり、インサイダーなど不正な取引を行ったりする場合です。

それほど株取引はむずかしいということを初心者のうちはキモに銘じましょう。