キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アパート経営のデメリット : アパート建築費の知らないこと

アパート経営のデメリット

アパート建築費の知らないこと

アパート建築費の知らないことのmain画像
アパート経営のデメリットについてです。建築費などのコストもかかるので、経営していくのも大変なようです。

アパート経営のデメリット

アパート経営はメリットばかりではありません。

やはりデメリットもありますので、デメリットについても理解しておきましょう。

メリット、デメリットの両方とも理解して、アパート経営を始めましょう。

【投資額が大きくなる】

建設してあるアパートを購入する方法もありますが、たいていは土地と建物の購入になります。

そのため、マンション一室のみの投資とは違ってお金がかかります。

土地を買ってアパートを建設しなければならないので、建築費なども必要です。

場所や構造によって建築費なども違うので費用に差がありますが、5000万円以上はかかるでしょう。

マンション投資なら、1000万円前後なのでかなり違います。

【経営管理が大変】

アパート経営を自身で行うのは慣れていないと難しいです。

アパート経営をする人は、不動産会社や管理会社に管理を任せるのがほとんどです。

しかし、建物の修繕や設備の点検、入居者の入居審査などにコストや手間がかかってしまいます。

【売却に時間がかかる】

もし、何らかの理由でアパートを売却することになった場合、アパートを売るとなると金額も大きいですし購入したいという人は少ないので売却に時間がかかってしまいます。

ワンルームマンション投資なら、持っている1室のみを売れば良いので比較的早く売れるのですが、アパートの場合は難しいと言われています。

これらがアパート経営で挙げられるデメリットです。

メリットもありますがこのようなデメリットもあることを理解しておきましょう。

PICKUP記事

SIDE MENU


Copyright アパート建築費の知らないこと. All Rights Reserved.