キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アパートを購入するなら新築か中古か : アパート建築費の知らないこと

アパートを購入するなら新築か中古か

アパート建築費の知らないこと

アパート建築費の知らないことのmain画像
アパートを購入したら建築費はかかりません。新築と中古どちらの物件にもメリットがあるのでよく考えましょう。

アパートを購入するなら新築か中古か

アパート経営をするにあたり、1からアパートを建設するのではなく、すでに建ってあるアパートを購入する方法もあります。

すでに建ってあるのなら、建築費などの心配をすることはありません。

ただ、新築のアパートを買うか、中古のアパートを買うか迷うところです。

どちらの方が良いのでしょう。

【新築アパートのメリット】

新築アパートのメリットですが、中古アパートと比較すると10年間は修繕する必要がないと言われているので、コストが抑えられます。

新築だと入居者も集まりやすく、少々高めの家賃でも満室になる可能性が高いです。

また、新築アパートは価値が高いため、担保力があります。

そのため融資が受けやすいというメリットがあります。

【中古アパートのメリット】

中古アパートにもメリットはあります。

1番は初期費用が抑えられることです。

建物ができて数年経っていれば価値は下がりますから新築よりも安く購入できます。

特に築年数がかなり経ったものだと建物の価値はほぼありませんから、土地だけの値段で購入できるので、浮いた資金で内装のリフォームができます。

中古アパートは本体も安く家賃も安定しているので、高利回りが期待できます。

新築アパートよりも利回りは良いと言われています。

【新築か中古か】

新築にも中古にもメリットがあるので、どちらが良いか決めるのは難しいものです。

新築の方が向いているのでは、というケースは、購入資金に余裕がある人、初めて不動産投資をする人、管理に手間をかけるのが嫌な人です。

中古物件に向いている人は、不動産投資の経験者である、できるだけ初期費用を抑えようと考えている、できるだけ高利回りが良いという人です。

建築費を気にしなくて良いですが、新築も中古も良いところがたくさんあるので、どちらに決めるかはよく考えるようにしましょう。

PICKUP記事

SIDE MENU


Copyright アパート建築費の知らないこと. All Rights Reserved.