株の投資でサービス産業への投資は有望ですか?

新着記事

株の投資でサービス産業への投資は有望ですか?

サービス産業と一口に言っても幅が広くイメージしにくいのがサービス産業です。

外食を例に、初心者でも理解できる投資の仕方のポイントをお話しします。

●浮き沈みの前兆を把握しやすい外食株。

サービス産業と言っても幅が広いのでもう少し絞り込まないと何とも言えません。

たとえば外食産業も、一時は浮沈状態にありましたが、それが転じていまでは投資家にとって“おいしいネタ”になっています。

外食は景気が良くなると好況になり、景気が悪くなると共倒れのように沈みます。

意外と浮き沈みの前兆が見えやすいことから、初心者ではないベテラン領域の投資家たちの間では、小遣い稼ぎの領域とされています。

●小遣い稼ぎというのはどういうことか。

小遣い稼ぎというのはどういうことかと言うと、株は値下がった底打ち状態の時に買って、値上がりしたヤマの頂点の手前で売るのが理想的ですが、それを見分けることが容易なのが外食関連株ということです。

外食は一般消費者の影響を受けやすく、それが手に取るようにわかります。

景気の悪いときに買っておけば、数年後に景気回復したときに株を売って大きく儲けられる可能性があります。

●株の投資でサービス産業への投資を求めるなら、絞り込みを行って標的を小さくしましょう。

ピンポイントでないと利益は追えません。

株はある意味で売買のゲームですから、初心者であれば初心者なりの知識を駆使してターゲットを絞り込みましょう。

的は小さくした方が動きは鮮明にわかり、株の売買に対して有利に対応できます。

有望かどうかは絞り込みによります。