キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アパート経営のメリット : アパート建築費の知らないこと

アパート経営のメリット

アパート建築費の知らないこと

アパート建築費の知らないことのmain画像
建築費をある程度かけても、アパート経営をした方が得だという点をまとめました。マンション投資よりもメリットがあります。

アパート経営のメリット

アパート経営をする人が増えていますが、アパート経営にはいくつかのメリットがあります。

どんなメリットがあるのでしょう。

【建物の価値が0になっても土地の価値がある】

建築費をかけてアパートを建てても、築年数が長くなると建物の価値は無くなります。

しかし、土地があるので土地の価値が残ります。

もしワンルームマンションの投資をしていたら、そのマンションが火事や地震で建物が無くなってしまうと0になってしまいます。

【家賃収入が0になることが無い】

アパート経営の場合、複数の部屋があるため家賃収入が全くの0になることがありません。

全室空室になってしまうことはほぼ無いと言えます。

ワンルームマンション投資なら、その1室が空室になれば家賃収入が無くなってしまいます。

【相続税節税と高利回りが期待できる】

アパートは土地の割合が多くなります。

そのため不動産の相続税を計算する時に土地の価格を公示地価の80%として評価額を計算できます。

相続税についてはこちら:https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/05_4.htm

この評価額に対して相続税率が掛けられるので支払う相続税が少なくて済みます。

また、アパートは木造建築が多く、建築費などのコストが抑えられます。

中古アパートを購入した場合は、築年数が10年以上のものだと土地だけの評価額で購入でき、表面利回りも新築だと5%、中古だと8%と高利回りが期待できます。

このように、アパート経営の方がワンルームマンション投資よりもメリットがあるということがわかります。

建築費をある程度かけても、アパートを建築して経営する方が良いかもしれません。

PICKUP記事

SIDE MENU


Copyright アパート建築費の知らないこと. All Rights Reserved.