株の初心者が行う投資は短期・中期・長期のどれがおススメですか?

新着記事

株の初心者が行う投資は短期・中期・長期のどれがおススメですか?

株取引の初心者であれば、投資期間に疑問を持つのは当たり前ですが、期間にとくにルールはありません。

自分で設定するだけです。

基本をお話ししましょう。

●とくに期間設定の決まりはなく自分で決める。

株の投資で、長期・中期・短期と言われている投資期間の長さについては、とくに一定の決まりはありません。

投資家が個人個人で設定すればいいだけです。

たとえば株の初心者であれば、短期を1ヶ月、中期を半年、長期を1年などと区切って投資すれば良いのではないかと考えます。

勉強になるのは1年間の投資で、これを行うことで、日本の春夏秋冬における株価の動きを業界ごとに知ることができます。

●短期の1ヶ月で株価の上下動の傾向を知る。

上記に「短期の株の投資を1ヶ月」と設定したのは、ディーリングを初心者として勉強するための期間です。

1日のうちに何回も株を売買するのは、ベテランの域に達してからのことで、初心者のうちは株の値動きに振り回されることなく、たとえ株価が下がっても静観しましょう。

しばらくするとまた上がります。

その上下動を1ヶ月通して観察することのほうが大事です。

銘柄・業界によっても振れ幅が違うので、いくつかの業界に投資しておけばその違いも読み取れます。

参考になる記事はこちら→https://matome.naver.jp/odai/2142322609629014401

●株の投資の長さ・期間で株価の上下動の傾向を知ったら、短期の期間を短くしていきましょう。

初心者の段階で1ヶ月を短期としてスタートし、業界ごとの傾向が理解できたら売買の期間を短くしていきましょう。

最終的にはディーリングの領域に入って、1日に複数回の売買を行っても大けがをする危険が少なくなります。